院長ご挨拶

院長ご挨拶

西鹿島眼科院長 加藤 勝

 平成25年(2013年)3月まで浜松医科大学眼科、聖隷三方原病院眼科で約30年間、網膜疾患の蛍光眼底造影や視覚電気生理検査を用いた病態解析、白内障や緑内障、網膜疾患の手術を中心とした眼科診療を行ってきました。この間に得た眼科診療に関する知識や経験、技術をより身近な立場で地域の方々にご提供できればと思い、この診療所の院長を務めることに致しました。

白内障や緑内障などに限らず、加齢黄斑変性などの眼底疾患やドライアイ、眼精疲労、アレルギー性結膜炎等、眼の病気について気楽に相談していただけるような、眼科かかりつけ医として仕事ができれば幸いです。

 浜松医科大学や聖隷三方原病院在籍中には多数の白内障手術、緑内障や網膜剥離手術などの手術治療を行ってきました。この経験を元に、眼科疾患の手術の適応(時期)や手術治療の流れ、手術の利点・欠点(手術合併症)などを具体的に分かりやすく患者さんに説明しています。

また、手術後の経過観察をお引き受けすることができます。

 毎週水曜日と第2、第4土曜日は上野眼科の西村医師が診療を担当しています。西村医師は一般眼科に加え、小児眼科(特に斜視、弱視)を得意としています。受診される曜日の参考にしていただければ幸いです。

略歴

1957年(昭和32年)愛知県蒲郡市生まれ

1982年3月 浜松医科大学卒業

同年6月浜松医科大学医学部付属病院、研修医

1984年4月 袋井市民病院医師

1985年10月 浜松医科大学眼科学助手(現在の助教)

1989年4月 浜松医科大学医学部附属病院眼科講師

(1994年8月~1995年6月 スウェーデン、リンシェッピング大学眼科:文部省在外研究員)

1997年5月 浜松医科大学眼科学助教授(現在の准教授)

2002年7月 聖隷三方原病院眼科

2003年6月~2013年3月 聖隷三方原病院眼科部長

2013年4月~西鹿島眼科院長

医学博士

日本眼科学会会員

日本網膜硝子体学会会員

西村医師、上野医師については上野眼科ホームページをご参照ください。

© 西鹿島眼科 2018